ウォーターサーバー口コミ広場  > お役立ちコンテンツ  > 「知らなかった」じゃ済まされない!薬を飲むなら、水じゃなきゃいけないの?

「知らなかった」じゃ済まされない!薬を飲むなら、水じゃなきゃいけないの?

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

健康や持病の緩和のため、薬を飲んだ経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
あなたは薬を飲むとき、きちんと水で飲むようにしていますか?
中には「カプセルなら水なしでも飲める!」という人もいるかもしれません。
しかし、薬を飲むときの水の使い方をきちんと知っておかないと、思わぬ悪影響があるかもしれません。

薬はなぜ、水と一緒に飲む?

病院や薬局で薬を処方されるとき「お水(白湯)と一緒に飲んでください」と言われたことがありませんか?
薬は、水と一緒に飲むことで口内や食道の粘膜に張り付くことなくスムーズに運ばれていきます。
つまり水は、薬がよく効くように導いてくれる大切な存在なのです。
粉薬や漢方などの場合は特に、水と一緒に飲むことによって口内に残ることなく適量をスムーズに飲めるようになります。

薬を水なしで飲むのはNG?

カプセルや錠剤は、飲みなれている人の場合水を使わずに飲んでしまうなんてこともあるかもしれません。
しかし、これはNG行為なので気を付けてください。
カプセルや錠剤は特に、粉薬などに比べて溶けにくいという性質を持っています。
せっかく薬を飲んでも、なかなか溶けないために効果が薄れてしまう危険があります。
水と一緒に飲むことで薬は溶けやすくなり、本来の効き目を促してくれます。

ジュースで飲むのはOK?

では、水ではなく他の飲み物で飲むのはどうでしょうか。
例えば、グレープフルーツなどのジュースは、甘さで薬を飲みやすくしてくれます。
一方で、ジュースによっては血中濃度を上昇させる成分が含まれています。
血圧に関わる場合があるため、薬と一緒に飲むのは避けましょう。
特に、カルシウム拮抗薬などを飲むときは厳禁です。

牛乳の場合は?

ジュースだけでなく、牛乳も甘くて飲みやすく、薬を嫌がるお子さんにはうれしい存在です。
しかしこちらも、扁桃炎・咽頭炎などの症状に効く抗生物質と相性が悪いので注意しましょう。
カルシウムが、抗生物質の効果を打ち消す形で働いてしまう危険があります。

コーヒーや紅茶の場合は?

食後にコーヒーや紅茶を飲み、そのついでに薬も飲もうと考えてしまうかもしれません。
しかし、カフェイン飲料は薬を飲むのに適しているとはいいがたいものです。
特に、胃腸薬の場合は動悸や痙攣などを招く危険があります。
面倒だからと手近なもので済まさず、十分注意して服用しましょう。

まとめ

毎日・毎食後など薬を飲む機会が増えるごと、扱いはおざなりになってしまいがち。
より高い効果を得るためには、必ず水で薬を飲むように習慣づけましょう。

この記事を呼んだ方は、こんな記事も見ています。

一覧へ戻る

ページトップへ