ウォーターサーバー口コミ広場  > お役立ちコンテンツ  > 夏の水分補強に便利なウォーターサーバー

夏の水分補強に便利なウォーターサーバー

夏の水分補強に便利なウォーターサーバー

夏場の恐怖と言えば……やはり熱中症や、それに伴う「脱水症状」!
どちらも無自覚のうちに進行し、激しい体調不良をもたらします。
特にお子さんがいるご家庭の場合は、いっそう気をかけたいものです。
脱水症状の予防には、どうするのがもっとも効果的なのでしょうか。

脱水症状とは?

まずは、脱水症状について正しい知識と理解を持っておきましょう。
人間の身体は半分以上が水分でできていると言われています。
しかし、汗をかいたり、排せつをしたりすることで水分が失われてしまいます。
水分が足りなくなると、体内バランスが崩れ熱っぽさ、頭痛、吐き気、ふらつきなどが生じます。

運動をした後やお風呂に入った後に水分補給をする人は少なくないでしょう。
夏場は、何もせずとも同等の汗をかいているという意識を持ち積極的に水分補給しなければいけません。
「のどが渇いた」という自覚を持ったときには、すでに欠乏状態と言えます。
常に、意識的に水分補給をしましょう。

水分補給に適した飲み物とは?

脱水症状を予防するために飲むものに、ジュースや炭酸飲料はいけません。
糖分が多量に含まれているため、血糖値を上げてしまうからです。
また、コーヒー、紅茶も最適とは言えません。
カフェインはかえって身体に不可をかけてしまう可能性があります。
もちろん、アルコールも良くありませんね。

一般的に、水分補給に適していると言われているのは「清涼飲料」や「スポーツドリンク」です。
これらは、塩分・ミネラルが不足しているときに摂取すると良いでしょう。
しかし、飲みすぎるとかえって塩分過多を招く可能性があります。

このように、多くの飲み物にそれぞれ成分が含まれています。
「多量を摂取する」という前提の水分補給には、なるべく純度の高い飲料を選びましょう。
そのため、常時行う水分補給には、「お水」が適していると言えるでしょう。

脱水症状を予防する飲み方とは?

脱水症状を予防する上では、なにより「こまめに飲む」ことが大切とされています。
一度に多量を飲みすぎず、少しずつ数回に分けて口に運ぶようにしましょう。
目安として、一日で1.5Lから2Lほどの水分を摂取してください。

また、暑いときにはつい冷たい飲料を飲みたくなると思いますが、冷やしすぎるのは厳禁です。
氷の入った冷水など、冷たすぎるものは身体に負担をかけてしまいます。
ウォーターサーバーの場合、お水とお湯を同時に管理できます。
細かく温度調整ができるタイプのサーバーを使用すれば24時間いつでも好きな温度のお水を摂取できるようになります。

脱水症状を予防するためにはいつ飲むべき?

「こまめに飲む」ことを心がけると言っても、つい怠ってしまいがちになるものです。
水分補給は、一日の中のポイントごとに行うように心がけてください。

■ 朝、起きてすぐ
■ お風呂に入る前、出た後
■ 運動をした後
■ 外出する前
■ 夜、眠る前

特にこうしたタイミングを逃すと、脱水症状を引き起こしやすくなります。
また、クーラーのついた部屋にいると汗をかきづらいため水分補給を忘れがちになります。
「暑い」「汗をかいている」という自覚がなくとも、思い出したときに水分を取るようにしてください。

お子さんのいるご家庭では、ご家族が冷蔵庫から水を出し、コップ等に注いで渡すという手順が必要になるかもしれません。
こうした手順は、お子さんが素早く水分補給をすることを難しくしてしまいます。
ウォーターサーバーがお子さんの目につく場所にあることで、効率的な水分補給が叶えられます。

まとめ

冬場の体調不良は、風邪やインフルエンザなどウイルス性のものが多くなります。
それに対し夏場は、知らずしらずのうちに失われた水分によって招かれることが多くなります。

脱水症状は、日ごろの心がけが重要なポイントです。
脱水を自覚する前に、能動的に水分補給をしてください。
特にお子さんの場合、自覚症状がないまま脱水を引き起こす可能性があります。

ウォーターサーバーを活用しながら、水分補給をし、健やかな夏を過ごしましょう。

この記事を呼んだ方は、こんな記事も見ています。

一覧へ戻る

ページトップへ