ウォーターサーバー口コミ広場  > お役立ちコンテンツ  > 水道水とウォーターサーバーの水に含まれる成分

水道水とウォーターサーバーの水に含まれる成分

6caa3c304b43ad76f5abbc7352eac5fd_s

ウォーターサーバーの水はきれいで、安心して飲むことができるとよく言われます。
しかし、なぜウォーターサーバーの水がきれいなのかがわからない方も多いでしょう。

また、水道水はウォーターサーバーよりも不純物が多いと言われていますが、含まれている物質や、なぜ不純物が含まれているのかについて知っている方は少ないはずです。

今回はウォーターサーバーの水と水道水を比べて、その成分の違いや、体に与える影響について紹介します。

水道水に含まれている物質

水道水に含まれていてウォーターサーバーの水に含まれていない成分は、塩素やトリハロメタンです。
このうち、塩素は消毒薬として投入されたもので、トリハロメタンは塩素による殺菌の過程で発生する副産物です。

なぜこういった成分が水道水に含まれるのかと言うと、そもそも水道水は川などから組み上げてきたものだからです。
自然にある水にはたくさんの雑菌やゴミが含まれているため、そのままでは飲むことができません。

そんな水を飲める状態にするため、殺菌やろ過などが行われるのです。
塩素やトリハロメタンが含まれるのも、水を飲めるようにするための過程で起こる現象です。

また、当然ですが水道水は水道を通って家まで運ばれます。
もしも水道が古い場合、水道管に銅や鉛などの水に溶ける素材が使われており、水道水にもそれらの金属が含まれてしまう可能性があるのです。

水道水は健康に悪いの?

結論から言えば、水道水を飲んでも健康に問題はありません。

水道水の品質は、厚生労働省の水道法や水道局の水質検査によって、極めて高い水準をたもっています。
確かにトリハロメタンなどの物質を含んではいますが、それらは健康に害を及ばさない程度に抑えられているのです。

ちなみに毎日飲用しても問題のない塩素の量は5mg/Lなのですが、水道局の基準では水道水に含まれる塩素は1mg/L以下までとされています。
塩素についても、健康上の問題はありません。

ただし、塩素の臭いや味が気になるという方も少なくありません。

不純物が極めて少ないウォーターサーバーの水

水道水は先ほど取り上げたような理由によって、不純物を含んでしまっています。
では逆に、なぜウォーターサーバーの水は不純物をほとんど含んでいないと言われているのでしょうか。

それは、ウォーターサーバーの水は最初からきれいな水を使っているからです。
水道水が川や湖から水を汲み上げてくる一方で、ウォーターサーバーの水は地下水を使用しています。

地下水には雑菌やゴミがあまり含まれておらず、そのため塩素などを使用した殺菌処理を繰り返し行う必要がありません。
ウォーターサーバーの水の殺菌はろ過と加熱によるものが中心で、消毒薬なども投入しません。

結果として、塩素もトリハロメタンも含まれない水ができあがるのです。

水道水に含まれていて、ウォーターサーバーの水に含まれていないのは塩素やトリハロメタンなどの消毒用の物質でした。
しかし逆に、ウォーターサーバーの水にのみ豊富に含まれている物質というものも存在します。

それは健康を保つために必要な栄養素として有名なミネラルです。

ウォーターサーバーの水は地下水を利用しているため、地中に存在するカルシウムやマグネシウムといったミネラルが水の中に溶け込んでいるのです。
ミネラルを摂取することで脂肪燃焼効果やお通じを良くする効果を始めとした健康増進が期待できます。

また、中には「RO水」という一切の不純物が含まれない水を使用しているウォーターサーバーもあります。
これは極めて細かいフィルターによって全ての不純物を徹底的に除去した水で、他のウォーターサーバーの水よりもさらにきれいな水と言えるものです。

RO水でなくとも十分な安全性は確保されていますので、どちらを選ぶかは好みによるところが大きいでしょう。

この記事を呼んだ方は、こんな記事も見ています。

一覧へ戻る

ページトップへ