ウォーターサーバー口コミ広場  > お役立ちコンテンツ  > 経口補水液ってどんな飲み物?その効果について

経口補水液ってどんな飲み物?その効果について

b7a479f5a8434d1ad851c91e0e2b1ca8_s

「経口補水液」という名前は聞いたことはあるけれど、どういうものなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

簡単にまとめてしまうと、経口補水液とは水分を取るために作られた、効率的に水分を体に与えることのできる水です。
性質をうまく理解して使用すれば、普通の水を飲むよりもより効果的で、なおかつ体にやさしい水分補給を行うことができます。

しかし、まずはどういったものなのかをしっかり知っておかなければ適切に使用することはできないでしょう。
経口補水液の特徴などを紹介しますので、興味を持った方はぜひここから経口補水液を始めてみてください。

水分補給のための水とはどんなものなのか

経口補水液は水分をより的確に補給し、脱水症状などを起こしている人をしっかりケアするために作られました。

人は脱水状態になると、水分だけでなく電解質も失われます。
ただ水分を補給するだけだと電解質が失われたままになってしまうのですが、経口補水液はその電解質も同時に補給することができます。

より効率的に水分を吸収させるためには、塩分や糖分を水に混ぜることが大切だと言われています。
この事実は1971年から科学的に検証され、経口補水液はそのデータに基いてつくられています。

ちなみに、もともとは日本ではなく厳しい環境にある発展途上国のために作られたもの。
水分不足によって命の危機に瀕している人々に、なるべく効率的な水分補給を行わせることを目的として経口補水液が生まれたのです。

事実、とある発展途上国にてコレラが蔓延した時、人々の命を救ったのは経口補水液でした。
経口補水液による効率的な水分補給が彼らの命を支えたのです。

経口補水液は全世界に普及しており、水分不足を速やかに解決できる命の水として利用されています。

スポーツドリンクとは何が違うのか

経口補水液同様に、水分補給をしつつ体から失われた成分を補給できる飲み物として、スポーツドリンクがあります。

用途が似ているこれらの飲み物ですが、経口補水液とスポーツドリンクではいったい何が違うのかと言うと、最大の差は糖分の量です。

スポーツドリンクは経口補水液よりも糖分が多く、ものによっては500mlで30gもの糖分が含まれています。
スポーツドリンクの味を思い出すと、意外と濃厚で甘口ではないでしょうか。
その味は糖分によるものかもしれません。

糖分が多いため、水分が失われた時にスポーツドリンクを飲むと、その甘さでさらに喉が乾いてしまい、また飲みたくなるという連鎖が起こってしまうことがあります。
経口補水液よりは糖分が多いとはいえ、スポーツドリンクの糖分量は甘いジュースなどに比べればはるかに控えめです。
しかし飲みすぎてしまえば健康を害する可能性もあるでしょう。

もちろん、ほどほどに利用する上では問題はありませんし、栄養補給として十分に有用です。

経口補水液の注意点について

人体のことを考えてつくられた経口補水液ですが、万能というわけではありません。

経口補水液はどちらかというと、普段使いよりは医療品に近いものです。
糖分や塩分、電解質がそれなりの量ふくまれているため、飲みすぎればスポーツドリンク同様に健康を害してしまいます。

また、高血圧や糖尿病などの病気を抱えている人にはあまりオススメできません。
経口補水液の糖分などがそれらの病気に悪影響を与えてしまうリスクがあるのです。

自分の判断で飲むのではなく、使用を考えている場合は医師に相談して飲むかどうかを決めると良いでしょう。

この記事を呼んだ方は、こんな記事も見ています。

一覧へ戻る

ページトップへ