ウォーターサーバー口コミ広場  > お役立ちコンテンツ  > 赤ちゃんのミルク ウォーターサーバー

赤ちゃんのミルク ウォーターサーバー

赤ちゃんのミルク ウォーターサーバー

赤ちゃんのミルクを作るとき、いつもどのような手順を踏んでいるでしょうか。
赤ちゃんにとって、ミルクは唯一の栄養源。
抵抗力の低い赤ちゃんのミルクを作る機会が多いなら、ウォーターサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんのミルク作りに最適な環境とは?

今、口に入れるものの衛生環境について、日本国民誰もがシビアになっているのではないでしょうか。
特に小さな赤ちゃんがいるご家庭では、より気を遣ってしまうでしょう。

赤ちゃんのミルクを作るときは、何よりも水の衛生管理が大切です。
大人が何気なく口にしているペットボトルや、お水を保管している冷蔵庫内の衛生状況はいかがでしょうか。
大人の感覚で「きっと大丈夫!」と思っていても、免疫のない赤ちゃんからするとウイルスの塊かもしれません。

さらに、お水そのものの成分についても注目してみましょう。
水には「硬水」「軟水」などの種類があります。
さらに、ミネラルが豊富に含まれた「ミネラルウォーター」は、運動時の水分補給に適しています。

しかし、赤ちゃんのミルク作りにおいては、ミネラル分の少ない軟水をおすすめします。
ミネラルの多すぎるお水は、赤ちゃんの身体に負担になる可能性があるためです。

ウォーターサーバーでミルクを作るのは良い?

赤ちゃんのミルクを作る上で、ウォーターサーバーを導入することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
具体的に掘り下げていきましょう。

●いつでも適温がすぐに出せる
お水で管理している場合、赤ちゃんのミルクを作るときには「温める」という手間が発生します。
ウォーターサーバーなら、お水もお湯も24時間すぐに用意できます。

泣いている赤ちゃんをあやす目的の場合、短時間でミルクを作りたいですよね。
時間を短縮する上で、ウォーターサーバーは大活躍します。

●お水を衛生的に管理できる
赤ちゃんは、大人に比べ抵抗力が弱いものです。
大人が口にするもの以上に、衛生面を気にかける必要があります。

ウォーターサーバーはクリーン機能が搭載されているものも多く、衛生管理が容易です。

●お水を買いに出かける必要がなくなる
赤ちゃんを連れて、重いペットボトルを買いに行くのは大変なもの。
ウォーターサーバーなら、自宅まで配達員が届けてくれるため買い物の憂鬱が少なくなります。

ウォーターサーバーの選び方ポイント

種類豊富なウォーターサーバーは、利用環境を具体的にイメージしながら選びましょう。
お子さんのいるご家庭での、ウォーターサーバーの選び方ポイントは、こちらです。

▼温度調節

「温水」「冷水」以外にも、数段階の温度調節ができるウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルクづくりに最適です。

▼お水の種類

前述の通り、ミネラル分の少ない軟水が赤ちゃんのミルクづくりに適しています。
理想のお水を取り扱っているか、しっかりチェックしておきましょう。

▼ボトルの重さ

ボリュームのあるボトルはお得感がありますが、交換が大変なので注意してください。
女性の腕力でも無理なく利用できるか否かを確認してください。

▼チャイルドロック機能の有無

お子さんがつい触ってしまったとき、ワンタッチでお湯が出るウォーターサーバーは事故のもとになります。
チャイルドロックの有無や、レバー・ボタンが手の届く場所にあるかなども把握しておきましょう。
赤ちゃんが大きくなったときや、お兄ちゃん・お姉ちゃんのことも考えた選択を忘れずに。

まとめ

赤ちゃんのいるご家庭においての、ウォーターサーバー導入についてご説明しました。

ウォーターサーバーがもたらすのは、「安全」と「便利」です。
赤ちゃんがいるご家庭では、特に安全性についてはシビアに判断されているのではないでしょうか。
同時に、忙しい中で赤ちゃんのためにミルクを作るとき、「素早く簡単に」というポイントが重要になります。

こうした安全性・利便性について改めて考え、最適な生活を追及してみてはいかがですか?

この記事を呼んだ方は、こんな記事も見ています。

一覧へ戻る

ページトップへ